急な斜面での草刈

本日は田んぼ周辺の草刈を行いました

今回はこちらの草を刈っていきます

 

一見、平坦に見えますが、45度はありそうな斜面ですよ><

ほら見て!景色がこんなに良い!!

 

この崖のような斜面を草刈機や鎌を駆使し、草を除去していきます

すると、あれほど密生していたササやツルにより覆われていた林床に光が差すようになりました!

 

実は、草刈には行いやすい時間帯があります

それは、午前中の朝早い時間です!

なぜかというと、早朝は朝露により、植物が水分を含んでおり、柔らかくなっているためです

 

また、草刈は植物が種を撒く前に行うことが大切です

撒かれた後、草刈をしても翌年には種が発芽してしまい一層、草刈に負担がかかるからです

 

 

放課後子ども教室

今日は、高山小学校で行われる放課後子ども教室に参加いたしました

 

今回は工作です!

子どもたちにペットボトルで風鈴を作ってもらいます

 

こちらは透明なプラスチックに描かれた絵ですが、オーブントースターで温めることによりプラスチックが縮んでこのように小さくなったようです

 

絵を描く子にとってはとても楽しい工作だと思います!

 

子どもたちは皆、絵を描くことに夢中^^

やっぱりどの子も絵を描くことがすきなようですね!

 

アニメやゲームのキャラクターの絵を描いている子が多く、そのキャラクターの絵をプラスチックの下に敷き、写しています

それにしても上手に描けておりました

 

私も小学生の頃は絵を描くのが好きでしたが、今の小学生ほど絵を描けるわけでもありませんでした

 

いまどきの子どもは器用な子が多い!

 

直線にするためには

本日は若手農家さんと一緒にビニールハウスの設営を行いました

 

今回はビニールハウスの側面の骨組みをつなぎ合わせていきます

その骨組みはとても長く、その長さは10mを超えます。それをまっすぐにつなぐのはとても困難><

 

しかし、あることをすると骨組みをまっすぐにしやすくなります

 

それは、骨組みを接続する場所に水糸をまっすぐ張ることです

 

この水糸に沿って骨組みを接続することでまっすぐにすることができます

金具で骨組みを固定しながら見返すと本当にまっすぐになっていた!!

 

また、金具で固定する際、固定しにくかった箇所もあり、それを固定することが大変だった><

 

 

このように、農作業では様々な工夫をすることで、より良く作業できることがあることがわかりました

 

大量の高山きゅうり

本日は有機農業をされている農家さんの畑で高山きゅうりの収穫を行いました

 

高山きゅうりは実が食べごろサイズの大きさのものが多数実っております。

形が良いものがたくさんありました!

収穫できた量もこの数!大量!大量!しかし、たくさん獲れた分、この後の作業がとても大変になるのだ

 

その前に、ビーツ畑の草むしりを行います

 

ビーツの芽が未だ小さく、他の草と間違えないようにしなければいけない

これがまた繊細な作業である><

また、土の上を歩くと足跡により土に雨水が貯まってしまうので、マルチの上から作業を行う

 

 

この後は、先ほど収穫した高山きゅうりの袋詰めです

袋に詰める前に、一本一本洗わないといけません

 

枝豆を洗浄するときのように、まとめて洗いたいところだが高山きゅうりの場合、傷が付いてしまうため出来ない

 

さらに、高山きゅうりを洗う際も表面の棘を折らないようにする。この棘を折ると水分が逃げてしまうためだ

 

高山きゅうりを洗い終わった後、ようやく袋詰めができるのだ

 

 

本日もガッツリ作業を行いました!

緑のふるさと協力隊 中間研修

着任から半年が経ち、いよいよ中間研修の日がやってまいりました

 

皆さん、活動をとても楽しんでいる方もいれば活動で苦しんでいる方も見受けられました

 

 

そんな色んな思いを抱えている同期からそれぞれ色んな話を聞くことができてとても有意義でした

楽しんでいる人になぜそんなに楽しいかと質問すると

 

自分から積極的に活動するほど得るものが大きくなる。逆に言えば受動的に活動していても楽しくない

ということだそう

 

苦しんでいる人も以前よりは気が楽になったそうだ。そこで、何に苦しんでおり、どうやってそれを克服してきたかと質問すると

 

村の人から過去の隊員と比べられ叱られることが苦痛。そこに、別の村の人が「自分のペースでやればいい」と声を掛けてくれて気が楽になった

とのこと。

 

他にも、観光業がさかんな地域、全国に数少ないマタギという山を知り尽くしたハンターについてのお話を聞くこともできた

 

色んな人の話を聞き、後半は目標が決まりました

それは自然農法や有機農法についてさらに深く学ぶことです

 

他の地域では農業を体験できるものの、農薬を使わない農業は体験できないそう。

それで、高山村で体験できる無農薬での農業はとても貴重であると再確認できたからです

 

また、高山村で農業を体験できるのは秋までであるため、農業を体験できるのは最後のチャンスということです

 

そんな貴重な機会を逃さぬよう農業にさらに従事したいです

 

枝豆の選別とジャガイモ堀

本日は有機農業をされている農家さんの家へ伺いました

 

午前中は枝豆の選別です

 

まずは茎から枝豆を捥いでいきます

 

次に、捥いだ枝豆を洗浄します!

そう、獲れたての枝豆は意外と泥だらけなのです><

 


続いて、洗浄した枝豆をコンテナに入れ、遠心分離の原理を使って水を切ります

それにしても、ものすごい速さでの回転だ!

 

最後の選別ではこちらの機械を使用して行います

 

手前のぎざぎざした部分で、実の小さな枝豆や実が少ない枝豆が除去されます

その奥で、人の手で傷が付いた枝豆を除去します

 

こうして、厳しい選別により出荷される枝豆が決まるのです!

 

 

そして、午後は畑に移動し、ジャガイモを掘りに行きます

 

農家さんの愛猫も畑について来ました!可愛い^^

この子はとても人懐っこいのでそこがまた可愛い!

 

 

ジャガイモをたくさん掘ることができました!

 

ジャガイモを掘るコツは畦の少し奥から掘り返すと傷つけるジャガイモを減らすことができます

これを知っているだけでもジャガイモ堀の楽しさはかなり増す!

 

今日もお疲れ様でした^^

若葉のふるさと協力隊 5日目

本日はいよいよ最終日!

 

その日の内容はコンニャク畑の見学とコンニャクとまんじゅうの加工体験です

 

まずはコンニャク畑の見学から!

 

若葉の皆さんはコンニャクイモをみるのは初めてのようです

 

こちらは農家さんからコンニャクイモの新芽を披露してもらっています

そう、この新芽がコンニャクの種であるのだ!

 

コンニャクイモは3年かけてようやく出荷されることについても驚きでしたね

 

コンニャク畑では1〜3年目それぞれの畑を見学させていただきました

 

年を重ねるごとに茎の高さもおおきくなっている

 

 

つづいて、コンニャク・まんじゅう作り体験に移ります

 

 

まず、コンニャクを作る手順は

1、コンニャクイモを適当な大きさに切る

2、切ったコンニャクイモをミキサーにかける

3、ミキサーで液状にしたコンニャクを鍋に入れ加熱し、凝固剤を混ぜる

4、コンニャクが固まったら別容器に移し、しばらく冷蔵庫で冷やしておく

5、コンニャクを適当な大きさに切り分ける

 

この中でも特に、凝固剤を入れた後のコンニャクをこねることが大変だったようです

コンニャクが固くなるため、こねるには力が必要です

こねるのは交代交代で行っておりました

 

一方、饅頭作りでは得意な人と苦手な人がはっきりと見受けられました

 

饅頭作りが得意な人は、コツをつかむのが早かったです

一方、苦手な人は黙々とまんじゅうの生地にあんこを入れることに必死でした!

 

たしかに、この作業は決して容易なことではない!

 

こちらが若葉の人たちが作ったまんじゅう

失敗は何度かしたものの、よく出来ておりました!

 

味もおいしかったです^^

 

 

 

それでは4泊5日間、お疲れ様でした^^

今後の進路や活動に行かせるといいですね!

若葉のふるさと協力隊 4日目 

続いて、若葉のふるさと協力隊のメイン行事である報告会・お世話になった人を招いて交流会を行いました

 

若葉の人たちによる交流会では、お世話になった人に対し、感謝の気持ちを込めて活動内容やその感想について発表していただきました

 

若葉の皆さんの発表を聞いて、本当に高山村での活動を楽しんでいただけたんだなぁと思いました

報告会が終わった後、彼らは参加証を受け取り、席についてこの後の懇親会を楽しみました

 

皆、色んな人とお話できております。

私が司会なので、懇親会を終わらせるのも私の役目ですが、ここまで楽しそうだと終わらせにくい><

 

皆さん、本当にありがとうございました!!

 

若葉のふるさと協力隊 4日目 

本日は栄養士と食生活改善推進協議会の方々の指導のもと、郷土料理作り体験をしていただきました

 

まずは、群馬県の郷土料理についてのお勉強から!

 

みなさん、出身地がそれぞれ異なるので、地元の郷土料理はそれぞれ異なる模様です

 

さて、群馬県の郷土料理を知ったところで今度は実際に作ってみましょう!

本日のメニューは地元野菜の天ぷら地粉を使ったうどんあんことえごまのおはぎ

 

野菜の切り方も指導していただきました

野菜によって切り方が異なるようです

 

うどんにするための地粉を踏んで練っています!粉からうどんを作ることだなんて初めての経験のようです

私も初めての体験です!

 

続いて、こちらの機械で先ほど練ったものをすりつぶしていきます。

 

写真をみてお気づきになられただろうか?

こちらの機械は生地をすりつぶすだけでなく、細く切って麺の形にすることもできるのだ!!

 

もちろん、若葉の人たちと私はこちらの機械に触れるのも初めて!

 

天ぷらもおいしそうにできて来ました^^

 

出来上がったら皆でおいしくいただきました!

若葉のふるさと協力隊 3日目

本日は昨日に引き続き、農作業の体験をしていただきました

 

今回お世話になった農家さんは昨日お世話になった方とは別の方ですので、新しい刺激を得ることが出来たと思います

 

皆さん、農作業にしっかりと取り組んでおられ、農家さんからはとても助かったというお声もいただきました^^

 

ブドウ畑ではブドウのつるを切る作業を行っております

上を向く作業なので、首が痛くなるので大変そうですね><

 

 

一方で、高山きゅうり畑では高山きゅうりの収穫を行っておりました

獲れたての高山きゅうりの味噌漬けをいただきました^^

 

獲れたての作物はどれもおいしい!

 

皆さん、農家さんとたくさんお話もされてとても楽しそうでした^^